ここから本文です。

ホーム > 防災・安全・安心 > 東日本大震災 > 地震被害・災害対応-東日本大震災 > 要請・要望活動 > 東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う緊急要望活動について

更新日:平成29(2017)年9月25日

東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う緊急要望活動について

農林水産部安全農業推進課
電話:043-223-3080
農林水産部農林水産政策課
電話:043-223-2822
農林水産部生産販売振興課
電話:043-223-2880

3月28日、森田健作知事が関東地方の1都6県及び福島県とともに、蓮舫内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)と面会し、1都7県知事の連名による緊急要望書(PDF:205KB)を提出して、農畜産物の出荷制限等に関する判断基準の明確化や風評被害の防止等への対応を求めるとともに、首相官邸で枝野官房長官と面会し、放射性物質に係る暫定規制値を下回った農畜産物の速やかな出荷停止解除等について要請しました。

日時

平成23年3月28日(月曜日)

  • 蓮舫内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全)15時20分から15時40分
  • 枝野内閣官房長官16時40分から16時55分

要望都県名

千葉県、東京都、埼玉県、神奈川県、栃木県、茨城県、群馬県、福島県

要望活動者

森田千葉県知事、石原東京都知事、福田栃木県知事、橋本茨城県知事、大澤群馬県知事ほか各都県関係者

緊急要望活動写真

森田知事のコメント

1都4県共同ぶら下がり会見にて

出荷制限、暫定規制値が明確でない。発信する側が明確な基準を示さなければ消費者は遠慮するし、そうなれば生産者も困るし消費者も困る。こういう時だからこそ国はしっかりと基準を示してほしい。
大臣には、伝え方については大臣も十分にお分かりと思うので、国民にしっかりと国の方針を伝えてほしいと申し上げた。

千葉県知事単独ぶら下がり会見にて

要望内容は

暫定規制値がはっきりしない。出荷制限についても制限や解除の基準がはっきりしない。たとえばホウレンソウの数値が悪いということになると国民はすべてがだめのように感じてしまう。そうすると消費意欲も落ちるし生産者も大変なことになってくる。
(蓮舫)大臣には、大臣もマスコミにいらしたから国民への伝え方はよくわかっていると思うので明確に国民に伝えてほしい。そうしないと生産県も消費県も大変なことになる。大臣は、もちろんそうだ、そのように努力するとのこと。

要望書を出すことについてはいつ調整されたか

正式には昨日。

規制値が出ている地域だけでなく全県的に影響が出ることは問題だということか

たとえばシュンギクが悪い、ホウレンソウが悪いとなるとキュウリが暴落するというように規制値が出ていないものもそうなってしまう。ある地区で悪いとなるとそれが全県に広がってしまう。これは非常に問題だ。それから、本県はハウス物が非常に多いが、ハウスの場合はどうなのかということも特に言われていない。その辺を消費者にとってわかりやすい報道をしっかりとやっていただきたい。

県内の農協からはどのような声があるか

非常に不安がっている。県としてはモニタリング検査をやりながら安全性を伝えていただきたい。消費者に安全だということを私たちも伝えるし、国もしっかりと伝えてほしいと思う。

蓮舫内閣府特命大臣への緊急要望書(PDF:205KB)


Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

所属課室:農林水産部安全農業推進課環境農業推進室

電話番号:043-223-3091

ファックス番号:043-201-2623

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?