ここから本文です。

更新日:令和4(2022)年4月6日

ページ番号:6988

「ちばGAP」制度について

「ちばGAP」制度の申請受付は、令和3年度で終了します。

 平成30年2月に創設した「ちばGAP」制度は、東京オリンピック・パラリンピックの農産物調達基準を満たす農産物を確保することを主な目的として、運用してきましたが、東京オリンピック・パラリンピックが終了し、その役割を終えることなどから、令和3年度で申請受付を終了することとなりました。

 ちばGAP実施要綱及びちばGAP実施制度評価・認証実施要領の一部改正(令和3年11月25日施行)に伴う申請期限や有効期間についてご注意ください。改正概要チラシ(PDF:63.8KB)

<最終の申請期限・有効期間について>
区分 申請期限 有効期間
新規の場合 令和3年度第4次申請期限(令和3年12月10日)まで

評価書交付日から1年を経過した日の属する月末まで

※最も交付が遅い場合で、令和5年3月31日まで

更新の場合 令和4年1月31日まで

更新前の有効期間を1年延長

ただし、令和5年3月31日を超える場合は同日まで

 ちばGAP制度に関することは管轄の農業事務所企画振興課、ちばGAPの取り組みに関することは改良普及課にお問い合わせください。

「ちばGAP」実践者(評価・認証)一覧

「ちばGAP」実践者の紹介!

ちばGAPに取組む生産者を紹介します。

評価・認証対象区分

「野菜」、「果樹」、「米」、「その他の作物(食用)」

評価・認証の対象者

  1. 県内で販売を目的に農産物を生産する個人、若しくは個人が共同管理により生産を行う任意組織、若しくは法人又はそれらが組織する団体、又は県内の農業高等学校及び県立農業高校
  2. 「野菜」、「果樹」、「米」、「その他の作物(食用)」のいずれかに分類できる作物の生産を行っていること
  3. 自己点検を実施し、ちばGAP基準に全て適合していること

個人の農業者が取り組む場合は「個人申請」、2戸以上が集まって組織する生産団体等が取り組む場合は「団体申請」になります。

「認証」と「評価」の違い

「認証」について

「認証」は、東京オリ・パラの農産物調達基準への対応を目的とする農業者の方を対象とします。

「認証」を受ける方は、

  1. ビジネスチャンス・ナビへの登録
  2. 東京オリ・パラ開催期間中の7月から9月の間に農産物供給が可能であること

を満たす必要があります。

「評価」について

「評価」は、東京オリ・パラの農産物調達基準への対応以外を目的とする農業者の方を対象とします。

ちばGAP基準

ちばGAP基準は、農林水産省の「農業生産工程管理(GAP)の共通基盤ガイドライン」に準拠した農産物個別基準(「野菜」、果樹」、「米」、「その他の作物(食用)」)、国際水準GAP認証取得に向けたステップアップのための「オプション項目」(任意取組)、団体の場合に取り組みが必要な「団体の管理体制に関する項目」からなります。

農産物個別基準

評価・認証対象区分

取組事項 具体的な取組内容

野菜

39

125

果樹

40

125

35

100

その他の作物(食用)

36

108

オプション項目、団体の管理体制に関する項目

区分 取組事項 具体的な取組内容

オプション

8

14

団体の管理体制

4

6

評価・認証の申請

「ちばGAP」の評価・認証の手続は、年4回実施します。

評価・認証を受けたい方は、期日までに申請書を管轄の農業事務所企画振興課に申請書を提出してください。

申請時期及び提出期限の一覧
申請時期 提出期限

1次

4月10日まで

2次

7月10日まで

3次

10月10日まで

4次

12月10日まで

ちばGAP制度要綱及び要領

ちばGAP制度実施要綱及びちばGAP制度評価・認証実施要領の一部改正を行いました(令和3年11月25日施行)。

様式集

「ちばGAP」ロゴマーク使用取扱要領

「ちばGAP」の認証・評価を受けた農業者は、ロゴマークを使用することができますが、「ちばGAP」制度実施要綱等の一部改正に伴い、ロゴマークの使用申請は令和3年度で終了します。

<最終の申請期限と使用期間について>
申請期限 使用期間
令和4年3月22日まで

使用許可日から1年間

ただし、評価・認証の有効期間又は令和5年3月31日のどちらか早い期日まで

使用を希望する方は、使用取扱要領をご確認の上、県へ使用申請をお願いします。

使用取扱要領の一部改正を行いました(令和3年11月25日施行)。

「ちばGAP」ロゴマーク「ちばGAP」ロゴマーク

様式・記載例

ロゴマーク使用情報

ロゴマークの使用状況は、使用情報一覧から確認できます。

参考資料

「ちばGAP」の導入手引きについて

県では、「ちばGAP」制度が農業者にとって取り組みやすいものとなるように、手引書を作成しました。

令和2年3月に改訂版を作成しました。

参考様式

お問い合わせ

所属課室:農林水産部安全農業推進課環境農業推進室

電話番号:043-223-2773

ファックス番号:043-201-2623

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?